地域貢献と奉仕の理想を追求する富士ロータリークラブ

富士ロータリークラブ

富士ロータリークラブ あいさつ富士ロータリークラブ あいさつ

富士ロータリークラブ 概要富士ロータリークラブ 概要

富士ロータリークラブ 例会について富士ロータリークラブ 例会について

富士ロータリークラブ スケジュール富士ロータリークラブ スケジュール

富士ロータリークラブ イベント情報富士ロータリークラブ イベント情報

line4.jpg

富士ロータリークラブの概要

●創立総会 昭和39年1月8日富士ロータリークラブ バナー.JPG
●R.I.加盟認証 昭和39年4月13日
●チャーター・メンバー 33名
●認証状伝達式 昭和40年3月28日
●区域 富士市のうち旧富士市 鷹岡町
●例会場 富士市平垣本町8-1 ホテルグランド富士内
     電話番号0545-61-0360 郵便番号416-0913
●事務所 富士市平垣本町8-1 ホテルグランド富士内
     電話番号0545-61-0360 郵便番号416-0913
●例会日 水曜日 12時30分より
●会員数 31名(平成28年7月現在)
●ホームページ http://fuji-rc.com/
●姉妹クラブ 京都洛南ロータリークラブ

富士R.C.誕生に至るまでの経過

吉原R.C.会員は、ロータリーの計画を推進し、かつ、その綱領を達成するため、富士市(旧制)並びに富士宮市にそれぞれR.C.を結成してその地域社会に、よりロータリーの感化力を発揮しなければならないことを深く認識してきた。また沼津R.C.岡野豪夫元会長は、富士R.C.山田金吾初代会長に、富士に新クラブが結成されることを熱心に奨めていた。このような気運のうちに吉原R.C.は1963年7月4日のクラブ協議会において、先ず、富士市に追加クラブを結成しそのスポンサーたることをはじめて表明した。同月25日、ガバナー公式訪問に際して川口清俊会長・深沢恒夫副会長・一之瀬敏夫幹事・並びに矢部副幹事にクラブ結成のテクニックを指導すると共に特別代表に沼津R.C.岡野豪夫元会長を、拡大補助にスポンサーである吉原R.C.矢部昭七第二会長と決め、新クラブ結成をすすめることにした。越えて11月4日吉原R.C.は臨時クラブ総会を開催して、新クラブ結成並びにそのテリトリーとして富士市(旧)・鷹岡町を割譲することを決定した。それに関連して富士R.C.結成準備会を設けその委員長に吉原R.C.山田金吾第三代会長を、同副委員長に幹事経験のある深沢副会長を推した。KeyManとして小林忠会員・川口清俊会長・矢部喜一副幹事等を中心に頻繁に準備会を重ねた結果、別表の様に吉原R.C.メンバー18名、沼津北R.C.メンバー1名、計19名のFormer Rotarian を母体に、新人14名、合計33名をもって1964年1月8日創立総会を開催、例会場は小林忠会員の配慮によりホテルグランド富士が提供された。
加盟手続きにおいてテリトリー並びにクラシックケーション関連でR.I.との若干の質疑応答があったが、1964年4月13日をもってR.I.加盟の承認がなされた次第である。
 R.I.加盟認証状伝達式には、1965年3月28日、登録528名のロータリアン並びにその家族の祝福の下にK.K.小林製作所厚生センターにおいて盛大に挙行された。
 この間、当初の特別代表であった沼津R.C.岡野豪夫元会長が晴れのチャーターナイトを前にして物故されたことは、痛恨の極みであった。なお、吉原市・富士市・鷹岡町は
1966年11月1日をもって合併し、新しい富士市として発足した。


sche.gif
■11/1(水)
・卓話

■11/11(水)
・地区大会 RI会長代理歓迎会
 *会長幹事出席 (焼津グランドホテル)

■11/12(木)
・地区大会(焼津文化会館)

■11/16(木)
・夜間例会(ボジョレーヌーヴォーを楽しむ会)   
十三文 18:30

■11/22(木)
卓話
12月度理事会

地区研修 協議会レポート地区研修 協議会レポート

atlanta-logo.pngatlanta-logo.png

rotarylogo3.jpgrotarylogo3.jpg