地域貢献と奉仕の理想を追求する富士ロータリークラブ

富士ロータリークラブ

富士ロータリークラブ あいさつ富士ロータリークラブ あいさつ

富士ロータリークラブ 概要富士ロータリークラブ 概要

富士ロータリークラブ 例会について富士ロータリークラブ 例会について

富士ロータリークラブ スケジュール富士ロータリークラブ スケジュール

富士ロータリークラブ イベント情報富士ロータリークラブ イベント情報

第2688回 例会 2020.9.2


こんにちは
 先日の公式訪問は意に沿わないものに、なってしまいました。緊急諮問委員会、議長安間みち子(パストガバナー)より、当地区ガバナー職が空席となったことを確認、ロータリー章典に則った手続きを進めることを決定し8月20日に国際ロータリー日本事務局に8月25日に辰野克彦RI理事にそれぞれ告知し、国際RI会長より後任ガバナーが任命されるまでの間における地区運営が停滞せぬよう(今の総裁選のよう)、当年度組成された地区組織と各役割を担われる正副委員長及び委員についてはガバナー名以外そのままとし、先ず、その取りまとめ役のアクティングガバナーの任命手続きを進めているそうです。
 その間に予定されている「ガバナー公式訪問」は中断し、地区内クラブ運営に支障をきたすことの無い様「RI会長テーマ・方針及び地区運営の指針に関する情報提供をパストガバナーによるクラブ訪問にて実施することとし、地区諮問委員会が、ガバナー補佐と連携し、アクティングガバナーの任命を得るまでの対応にあたるようです。地区運営に関し、地区内クラブ及びロータリアンの
皆様にご迷惑と心配をおかけしましたことを、お詫びし、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

議事録ダウンロード


第2687回 例会 2020.8.26



皆さん こんにちは
本日は8月最後の例会となります。またガバナー公式訪問となっております。
やっと朝晩は秋の気配が感じられますが、まだまだ昼間の残暑は厳しく熱中症には十分気おつけなければなりません。
先日回覧板に、富士川逃げ時マップが市から配布され興味深く、自分の住む町の災害の地域性を知り具体的に災害のイメージを持つことができました。
近年は、地球温暖化などの影響により、これまでに経験していないような、台風や降雨が発生し、全国で甚大な被害が発生しています。

議事録ダウンロード


第2686回 例会 2020.8.19


皆さん こんにちは
長い夏休みも終わり、毎日コロナ禍と猛暑に毎日うんざりしています。皆様はいかがでしょうか。
2020年4月 ロータリー国際理事会決定事項に、ロータリーの行事、会合 全参加者の健康と安全が何よりも重要であり、ウイルス流行の為、直接顔を合わせる会合や行事への出席が、義務付けられないものと、あります。
ロータリーの会合のすべての招集者と運営者は直接顔を合わせる会合を実施するか否かを決定する際、当該地域で有効となっています。
すべての健康上と安全上の規則に完全に従うものとする。
決定があります。
コロナ禍がますます増加傾向にありますが、当クラブも十分な 対策を打ちながら、当クラブの運営をしていきますので、皆様のご協力をお願いします。
今日は久しぶりの夜間例会であり、親睦委員会の皆様には大変感謝し、楽しみたいと思います。

議事録ダウンロード


第2685回 例会 2020.7.22


8月に入り厳しい夏を迎えましたが、コロナ禍は全国的にひろがりを見せ、富士市でも昨日13例目の感染者が出ています。他人ごとではありません、十分注意が必要です。
話は変わりますが、最近自然災害が続き、あちらこちらで募金、寄付のお願い、ボランティアのお願い等があります。ロータリーでも国際ボランティアとして、30年間、40億ドル以上を寄付し世界であと2か国、根絶すれば世界からポリオが無くなるところまで来ています。これは、ほんとに素晴らしいことです。
私が、募金、寄付に目覚めたのは、ロータリーに入りボランティア活動を始めてからです。
それまでは何となく、寄付、募金をしていました。先立つもの=お金が必要になります。なので、寄付、募金活動が必要になります。

議事録ダウンロード


第2684回 例会 2020.7.22


7月5日以降気象変動による、豪雨被害と第2波とも言われるコロナウイルスの増加に毎日の生活が脅かされている、今日、この頃です。
*朝目が覚めると、私たちは一日、喜怒哀楽の4つの感情に支配され一日を過ごす事になります。そのうちの一つ、怒りについての対処法が最近話題になっています。社会生活において自分と相手を守る方法は、怒りのコントロールにあるようです。
怒りは人類が自然界の中で生存していくのに、必要な原始的な感情の一つだそうです。
予って怒りをなくすのは不可能で、その必要もないといわれています。
しかし私たちは日常怒りが元でトラブルが起こってしまう、そこで激高せず、怒りとうまく付き合う、おすすめの方法が4つあります。

議事録ダウンロード


第2683回 例会 2020.7.15



コロナウイルス感染の収束の兆しが見えない中、第2波ともいえる感染者が出ています。いよいよ夏本番を迎え、私たちの防止策としてすっかり定着し、かかせないのが【マスク】です。
マスクをしていると体全体が熱く、息苦しくなり、いつもと違った以上に汗をかきやすくなります。
夏のマスク着用時の悩みを、資生堂がインターネットで調べたところ、(熱い、蒸れる、息苦しい)が80%以上で一番多く、次いで多いのが(マスクへのメイクの付着)だそうです。女性にとっては夏のメイクは化粧崩れとの戦いでもあり、男性と違い大変であると思います。熱さを感じるのは、マスク内の温度が急激に上がり同時に皮膚温度が高くなり、汗や皮脂の量が増えるからだそうです。熱さ対策としては(汗を拭き、首から胸元を冷やすのがいいそうです。)今マスクは通気性や、涼しさ、冷たさを感じる機能性素材を用いたマスクを、さまざまな企業が発売し始めています。

議事録ダウンロード


第2682回 例会 2020.7.8



7月に入り、全国の小売店でプラスチック製レジ袋が有料化になりました。自分もよくコンビニを使いますので、昨日も買い物し、レジ袋必要ですか、有料になりましたのでと、店員に言われ、今までが無料の為入れてもうのが当たり前になっていたので、その時は手に持てたのでそのままいただいてきたのですが、これが失敗でした、ごみを入れる袋がない、今までは必ず袋があったので、これを考えますと、毎回有料の袋にするか、マイバックを常に用意するか、と思いました、先日、新聞のコラムにマイバックに衛生面から疑問符がついている。スーパー、コンビニ等小売12団体は新型コロナウイルスの感染予防策として「マイバックへの詰め替えは顧客自身で実施する。」方針を設けたそうです。

議事録ダウンロード


第2681回 例会 2020.7.1



歴史と伝統のある、富士ロータリークラブの会長指名を頂き、その責任の重さを痛感しております。2020年に入り、中国武漢から発生した、コロナウイルスのパンデミックが起こり、かつてない生活状況の変化と、経済危機が起こりました。5月末に緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ安心ができない一年になりそうです。本年度の国際ロータリー会長、ホルガー・クナーク氏は、
2020~21年度、国際ロータリーテーマを「ロータリーは機会の扉を開く」と発表しました。ロータリーとは、クラブに入会するというだけでなく、人生や、地域社会を、豊かにするために、ロータリーが与える無限の機会への、招待を、とらえるようにと、述べています。これを受けて、萩原英生(静岡RC)2620地区ガバナーは「ロータリーの心と本質を理解し、機会の扉を開こう」です。
ガバナーはロータリーの心、原点に戻って、私たちのクラブ奉仕、職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕、青少年奉仕等「すべての活動の機会について」もう一度考える時が来ていると強調されております。当クラブの今年度のテーマは「健康に、明るく、行動しよう」としました。本年度はコロナ対策を踏まえながらの大変な一年になると思いますが、とにかく健康に、とにかく明るく、機会の
扉を開き、一歩扉の外に出てとにかく行動する。このような一年にしたいと思っております。
厳しい社会情勢の中ではありますが、会員の皆さまのご指導、ご協力を仰ぎながら、活動していきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

議事録ダウンロード



2020年9
≪基本的教育と識字率向上月間
■9/2(水)
・クラブフォーラム(国際奉仕)
■9/9(水)
・夜間例会(バーベキュー家族同伴)
■9/23(水)
・クラブフォーラム(会員増強)
・9月度理事会 
秋の交通安全運動 9/18(金)
 

スケジュール一覧

地区研修 協議会レポート地区研修 協議会レポート